/

この記事は会員限定です

中国・ロシア「攻撃型衛星」を開発 宇宙空間で優位競う

防衛白書を読む⑧

(更新) [有料会員限定]

宇宙空間には国境の概念がなく、各国が開発を競っている。人工衛星を使ったミサイル探知や敵の施設の監視など活用法は幅広い。防衛白書では「宇宙を『戦闘領域』や『作戦領域』と位置づける動きが広がり、安全保障は喫緊の課題だ」と明記した。

軍事目的の人工衛星には複数の種類がある。遠距離の部隊や国家間で情報をやりとりするのが「通信衛星」だ。相手の部隊や施設を偵察する「画像収集衛星」や弾道ミサイルの発射を感知す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り478文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン