/

この記事は会員限定です

ロシア産原油、日独は禁輸に慎重 10日G7エネ相会合

[有料会員限定]

主要7カ国(G7)は10日、エネルギー相会合をオンライン形式で開く。ロシアのウクライナ侵攻を受け、各国が協調してロシア産の原油や天然ガスの依存度をどう下げていくか議論する。米英とカナダはすでに禁輸を発表した。ロシア産に頼る日独は様子見が続く。日本の石油元売りにはロシア産のスポット(随時契約)調達を控える動きが出てきた。

議長国のドイツを中心に議題や声明の詰めを急いでいる。依存度を下げる方針や具体...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り563文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシアがウクライナに侵攻しました。NATO加盟をめざすウクライナに対し、ロシアはかねて軍事圧力を強めていました。米欧や日本は相次いでロシアへの制裁に動いています。最新ニュースと解説をまとめました。

■最新の戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン