/

憲法審、自公維国で歩調 幹事懇実施、定例開催めざす

自民は16日の自由討議提案

衆院は9日、今国会で初めて憲法審査会を開いた。自民、公明両党とともに日本維新の会と国民民主党が与党側の幹事懇談会に参加した。4党は審査会の改憲論議の進展をめざし、立憲民主党などに定例開催を働きかける。

同日の衆院憲法審は幹事の補欠選任が目的で、自由討議はせずに閉会した。与党筆頭幹事を務める自民党の新藤義孝氏は審査会後に「衆院選が終わって新たな国会で体制が整えられたことはとても喜ばしい」と述べた。

新藤氏は審査会に先立ち、野党に次の定例日となる16日の開会を提案した。憲法本体や憲法改正の手続きを定めた改正国民投票法についての自由討議を提起した。与党と維新、国民は賛同し、立民と共産党は態度を保留した。

国民は玉木雄一郎代表が委員を務める。同党は今国会から与党側の幹事懇に参加した。審査会運営などを巡り話し合う場だ。国民はこれまで立民などと野党側の幹事懇に出席していた。維新は以前から与党幹事懇に出席している。

玉木氏は9日の記者会見で「憲法議論は積極的にやり、審査会の定例日の木曜日はできるだけ開いて議論を深めようという立場だ」と説明した。「審査会を開くなという勢力とは一線を画したい」とも話した。

自民党から歓迎の声が上がる。安倍晋三元首相は9日、与党幹事懇に参加した玉木氏と維新の馬場伸幸共同代表について「大きな進歩で、出席した2人に敬意を表したい」と言及した。安倍氏は自民党の憲法改正実現本部の役員に入る見通しだ。

自民党は4党で足並みをそろえて改憲論議を主導したい考えだ。

6月に閉会した通常国会で改正国民投票法が成立した。2018年の国会提出から8国会で継続審議になっていた。

同法は付則に「施行後3年をめどに検討を加え、必要な法制上の措置、その他の措置を講ずる」と盛った。与党がCM規制の強化などを求める立民の要求を受け入れた。

立民は付則の議論の優先を求める。新藤氏は9日「双方が歩み寄って議論するのが重要だ。粘り強く確実に開催する形を作りたい」と強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン