/

コロナ対策基本的対処方針の要旨

首相官邸で開かれた新型コロナウイルス感染症対策本部(9日午後)

9日の「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」の改定で変更した箇所の要旨は次の通り。

【序文】東京都は4月12日から5月11日まで、京都府と沖縄県は4月12日から5月5日までまん延防止等重点措置を実施する。

【感染症の発生状況】変異株は従来株よりも感染しやすい可能性がある。英国で確認された変異株の(感染者1人が何人に感染させたかを示す)実効再生産数の期待値は従来株の1.32倍と推定。

【感染症対策の重要事項】他の地域への感染拡大を防止する観点から、不要不急の都道府県間の移動は、極力控えるよう促す。

改定された退院基準に基づき、入院措置・勧告、宿泊療養などの措置を適切に講ずる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン