/

この記事は会員限定です

党首討論の最多登板、首相は小泉氏 野党は土井・志位氏

チャートで読む政治 国会運営(1)

[有料会員限定]

特別国会が10日召集され、首相指名選挙で岸田文雄首相を再び選出する。野党第1党の立憲民主党は衆院選不振の責任をとり辞任表明した枝野幸男代表の後任選びに入った。首相と新代表はいずれ国会で一対一で論戦する。党首討論だ。

1999年に始まった制度でこれまで70回開いた。登板回数が最多の首相は自民党の小泉純一郎氏で28回だ。続いて安倍晋三氏の14回。通算在任日数がそれぞれ6位と1位の長期政権だった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り752文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン