/

渡航警戒レベル引き下げ、米側から説明 官房長官

加藤勝信官房長官は9日の記者会見で、米側から米国務省による日本への渡航警戒レベル引き下げの説明があったと述べた。米政府は「新型コロナウイルスの感染拡大国と制御している国を区分する基準見直しに伴う」と伝えてきたという。

加藤氏は東京五輪・パラリンピックへの影響にも触れた。「大会開催を実現するという日本政府の決意を米政府は支持している。その立場に何ら変わりない」と語った。

米国務省は8日、日本について4段階で最も高い「渡航中止」から「渡航を再検討」のレベル3に下げた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン