/

官房長官「振興と基地負担軽減促進」 沖縄の建議書巡り

松野博一官房長官は9日の記者会見で、沖縄県が本土復帰から50年を前に県民の意見を政府に伝える建議書を発表したことに関し「復帰から50年を迎える沖縄がより一層発展できるよう、引き続き振興と基地負担の軽減に取り組む」と述べた。

沖縄県の玉城デニー知事が7日に建議書を発表した。米軍普天間基地(宜野湾市)の名護市辺野古への移設断念などを政府に求めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン