/

内閣官房参与に岸博幸慶大院教授を任命 首相

菅義偉首相は9日、岸博幸・慶大大学院教授を内閣官房参与に任命した。成長戦略や規制改革、広報戦略などを担当する。加藤勝信官房長官が同日の記者会見で発表した。

岸氏は旧通商産業省(現経済産業省)に入省し、小泉政権で当時の竹中平蔵総務相の秘書官などを務めた。加藤氏は起用の理由を「幅広い行政経験を積み、地方自治体や民間企業のさまざまなポストも経験された」と説明した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン