/

この記事は会員限定です

世界の自治体、脱炭素リード 「緑の都市」1000超に

(更新) [有料会員限定]

脱炭素を進める主体として自治体の存在感が高まっている。気候変動に取り組む都市の国際ネットワーク「C40」によると、脱炭素目標を掲げる「緑の都市」は世界で1000を超えた。地方の脱炭素を促そうと日米が協力を決めるなど国際連携の動きも加速する。都市は二酸化炭素(CO2)排出量の70%以上を占める。世界の脱炭素は都市や地方がカギを握る。

「地方の気候行動を支援し加速する」。2021年11月の第26回国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1134文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン