/

この記事は会員限定です

法人課税でG20が「歴史的合意」 ポイントは?

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

10日に閉幕した20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議はグローバル化とデジタル化に対応した法人課税ルールの見直しについて、閣僚レベルで大枠合意した。10月に制度の詳細まで詰めた最終決着を目指し、2023年の運用開始を目指す。これまでのルールがどう変わるのか。G20が「歴史的」と評した合意のポイントをまとめた。

■議論の経緯

2012年に経済協力開発機構(OECD)で多国籍企業の税逃れ対策...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1258文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン