/

この記事は会員限定です

アフガン人職員退避、タリバンと交渉継続

400人程度残留

[有料会員限定]

外務省は9日、アフガニスタンからの出国を希望した大使館などのアフガン人職員らのうち53人が8日に日本に到着したと発表した。カタール政府が用意した民間機でアフガンを離れた。残る対象者の退避に向けイスラム主義組織タリバンとの交渉を続ける。

タリバンが首都カブールを掌握した8月中旬以降、各国は自国民やアフガン人の大使館職員らの退避を進めてきた。

日本政府は8月末に自衛隊機を派遣したものの、救出できたのは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り366文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン