/

五輪「無観客の決断あり得る」 選択肢の一つと岸田氏

岸田氏は「無観客も選択の一つ」との認識を示した

自民党の岸田文雄前政調会長は8日のBS日テレ番組で、東京五輪・パラリンピックについて「新型コロナウイルスの状況によっては無観客を決断することはあり得る」との考えを示した。政府は観客を入れる場合は観客数や対応策、それに必要な人員数などを「具体的に示さなければならない」と指摘した。

岸田氏は「関係者の皆さんは観客を入れるべく努力したいと思っていると推測するが、無観客も私は選択の一つだとは思っている」と述べた。

菅義偉首相は7日の参院決算委員会で五輪開催の可否について「国民の命と健康を守ることが開催の前提条件だ」と語った。「前提が崩れればそうしたことは行わない」と言及した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン