/

萩生田氏「教団と関係断つ」 旧統一教会の接点調査巡り

自民党の萩生田光一政調会長は8日、党の調査で世界平和統一家庭連合(旧統一教会)との接点が確認されたことを巡り「教団との間で被害を受け、苦しんでいる方がいる点に思いが至らず、反省している。関連団体も含め関係を断つ」とのコメントを事務所を通じて発表した。

教団側との関係について「関連団体の世界平和女性連合の方と付き合いがあった」と認め、同連合が開いた国政報告会に出席した際、会場設営の手伝いを受けたと明かした。同時に「政調会長として政治の信頼回復、被害の防止に全力を尽くす」と強調した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン