/

この記事は会員限定です

看護・介護・保育に賃上げ促す 政府が給付金など検討

[有料会員限定]

政府は9日、看護師や介護士、保育士の賃上げに向けた検討を始めた。低賃金や過酷な労働環境などから深刻な人手不足が続いている。財源が限られるなか持続的な賃上げには課題が多く、生産性向上による自律的な仕組み作りが求められている。

岸田文雄首相は経済政策の柱として、福祉関係職の処遇改善を掲げている。同日、ともに初開催となる「全世代型社会保障構築会議」とその下部会議と位置づける「公的価格評価検討委員会」の合...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1786文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン