/

この記事は会員限定です

野党、衆院選へ争点づくり 分配・エネルギーで対立軸

11日から代表質問

[有料会員限定]

岸田文雄首相の所信表明演説への与野党の代表質問が11日から始まる。次期衆院選は19日公示・31日投開票に迫っており、野党は与党との争点づくりを急ぐ。エネルギーや分配政策などが対立軸となる。

立憲民主党など野党にとって、6月に閉会した通常国会以来の本格的な国会論戦の場となる。

代表質問の1日目は立憲民主党の枝野幸男代表と辻元清美副代表が登壇する。枝野氏は8日、代表質問について「抽象論で中身の伴わない...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り783文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン