/

首相、コロナ専用病床化を推進 職員と対話

(更新)

岸田文雄首相は9日、新型コロナウイルスの重症患者らを受け入れている都立墨東病院(墨田区)を視察した。新型コロナ対応の現場を訪れるのは就任後初めて。記者団に「公的病院の専用病床化をはじめ、しっかり具体的に進めなければいけない」と強調した。

新型コロナの治療に使う人工呼吸器や体外式膜型人工肺(エクモ)を視察し、医師や看護師らとの「車座対話」に臨んだ。感染下のモチベーションの維持など、現場職員の問題意識について聞いた。

記者団に「最前線で働く皆さんの収入もしっかり結果を出さなければならない」とも語った。「できるだけ多くの分野の現場に足を運んで話を聞き、政治に反映する努力を続けたい」と述べた。

Twitterで最新情報を発信

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン