/

モデルナ追加接種12歳から、年齢引き下げを了承

(更新)

厚生労働省の専門部会は8日、米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンの3回目以降の追加接種の対象年齢を、現在の18歳以上から12歳以上に引き下げることを認めた。今後ワクチン分科会でも議論し、了承されれば実際に12歳から接種を受けられるようになる。

対象のワクチンは現在主流となっている派生型「BA.5」対応品、以前流行した「BA.1」対応品、流行初期のウイルスに対応した従来品の3種類。前回接種から3カ月以上の間隔を空ける。

厚労省によると、海外で従来品を使って12~17歳を対象に実施した臨床試験で、18~25歳に対する有効性に劣らない効果があることが確認された。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません