/

外相「知中派でいいが媚中はいけない」 林芳正氏

自民党の林芳正元文部科学相は8日のBSフジ番組で、外相について「『知日派』という言葉があるように『知中派』であってもいい」と語った。同時に「『媚中(びちゅう)』ではいけない」と強調した。岸田文雄首相は10日に発足する第2次内閣で林氏を外相に起用する意向だ。

林氏は超党派の日中友好議員連盟会長を務める。党内などに「親中派」だとして、外相起用に否定的な声もある。これに関し「交渉をする上で相手をよく知っているのは知らないよりはいい」と述べた。

ウイグルの人権問題などについて「どう考えても深刻に懸念すべき問題だ」と話した。中国の人権に問題があると国際機関で認定された場合、他国と連携した制裁が検討対象として視野に入るとの認識を示した。

政治・外交 最新情報はこちら
Twitterで最新情報を発信

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン