/

この記事は会員限定です

安倍氏、影響力維持へ派閥復帰 11日に会長就任

政局・政策に関与

[有料会員限定]

自民党の安倍晋三元首相は11日、細田派(清和政策研究会)の会長に就任する。首相の在職期間が歴代最長の安倍氏が最大派閥トップとして派閥に復帰し、政局と政策に関与する。同氏は影響力の維持を狙う。

細田派は9日の党本部での幹部会で、安倍氏に派閥復帰と会長就任を10日に打診すると全会一致で確認した。復帰はおよそ9年ぶりで、安倍派に衣替えする。現会長の細田博之元幹事長は10日召集の特別国会で衆院議長に選出...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1328文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン