/

この記事は会員限定です

「力による現状変更に反対」 日フィリピン2プラス2

物品役務、円滑化協定を検討

(更新) [有料会員限定]

日本、フィリピン両政府は9日、都内で外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)を初めて開いた。中国の海洋進出やロシアのウクライナ侵攻を念頭に「力による一方的な現状変更に反対する」と確かめた。自衛隊とフィリピン軍の物品提供や共同訓練を円滑にする協定の締結を検討する。

日本の林芳正外相と岸信夫防衛相、フィリピンのロクシン外相とロレンザーナ国防相がおよそ90分間協議した。日本が東南アジア諸国連合(ASEAN...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り466文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン