/

厚労省宴会「綱紀粛正を」 官房長官 コロナ感染確認で

記者会見する加藤官房長官(8日午前、首相官邸)

加藤勝信官房長官は8日の記者会見で、厚生労働省の新型コロナウイルス感染者に深夜まで開いた送別会に参加した職員が含まれていた問題で「二度と起こらないよう、綱紀粛正しなければならない」と述べた。「職場での感染防止対策をさらに徹底する必要がある」と話した。

厚労省は8日、職員ら6人が新型コロナに感染したと発表した。このうち3人は3月下旬に開いた同省老健局の宴会に出席した。宴会や会場の飲食店との因果関係は不明だという。加藤氏は「厚労省は感染対策を進める立場だ」と強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン