/

ロッキン中止巡り「五輪、禍根残す」 自民・山田太郎氏

自民党の山田太郎参院議員は8日の参院議院運営委員会で、新型コロナウイルス下でイベントを開催できる基準が明確でないと指摘した。「まん延防止等重点措置が出ていないところ(のイベント)も中止に追い込まれると、五輪も国民の理解が得られず禍根を残す」と主張した。

緊急事態宣言や「重点措置」の対象地域でない茨城県で予定されていた野外音楽イベント「ロック・イン・ジャパン・フェスティバル(ロッキン)」が中止になったことに関連して西村康稔経済財政・再生相に質問した。「混乱と落胆、怒りもネットでは上がっている」と言及した。

「五輪は開催するのか。観客を入れるのか」と問うと、西村氏は「最終的な判断権限は国際オリンピック委員会(IOC)にある」と答えた。「できる限り文化、芸術、エンターテインメントにしっかり支援していきたい」とも語った。

ロッキンは国内最大級の音楽イベントで、茨城県ひたちなか市で8月7日から開催予定だった。主催者側は7月7日、茨城県医師会などの要請を理由に中止を決めたと発表した。

政治・外交 最新情報はこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン