/

この記事は会員限定です

テクノロジーに統治求める 世界経済フォーラム

産官学が議論 テック会議が閉幕

[有料会員限定]

技術発展に伴う社会課題を議論する世界経済フォーラム(WEF)の「グローバル・テクノロジー・ガバナンス・サミット(GTGS)」が2日間の日程を終え、8日未明(日本時間)に閉幕した。産官学のリーダーが出席し技術や巨大企業の統治の必要性を訴え、富の偏在などへの対処についても議論した。

会議の主要議題はテクノロジーをいかに制御し、民主主義に役立つものにするか。独シーメンスのジム・スナーベ会長は、自由な環境...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り494文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン