/

この記事は会員限定です

巨額経済対策「必要なのか」 財務次官が異例の雑誌寄稿

[有料会員限定]

財務省の矢野康治次官は8日発売の月刊誌「文芸春秋」11月号に寄稿し「本当に巨額の経済対策が必要なのか」と疑義を呈した。岸田文雄首相は数十兆円規模の対策を主張している。現職の財務次官が雑誌寄稿で首相の意向に疑念を表明するのは異例だ。

鈴木俊一財務相は8日午前の閣議後の記者会見で、寄稿は麻生太郎前財務相の了解を得ていると説明した。内容は「まだ読んでいない」と話した。

寄稿の題名は「このままでは国家財政...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り211文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン