/

この記事は会員限定です

水害避け集団移転、国が補助金で後押し ローン返済など 

相次ぐ集中豪雨 対応急ぐ

[有料会員限定]

大規模な水害に備えた新たなまちづくりの仕組みが動き出す。国土交通省は浸水被害の危険が高い地域を指定し、住民に安全な場所への集団移転を促す。自治体の土地造成や住民による住宅ローン返済などの費用の一部を補助する方針だ。災害に遭っても被害を減らすためのソフト対策を強化する。

水害の危険が高い場所での住宅などの建築を規制する「特定都市河川浸水被害対策法」など9つの改正法が4月に成立したことを受け、国交省は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り962文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン