/

この記事は会員限定です

街角景気3月持ち直しも 感染増で先行き懸念

[有料会員限定]

内閣府が8日発表した3月の景気ウオッチャー調査(街角景気)によると、3カ月前と比べた足元の街角の景気実感を示す現状判断指数(DI、季節調整値)は前月より7.7ポイント高い49.0となった。2カ月連続で改善したが、足元で新型コロナウイルス感染者が増えており、先行きへの懸念もみられた。

調査期間は3月25~31日。1都3県に出していた緊急事態宣言を政府が3月22日に解除したことで、幅広い業種で景況感の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り587文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン