/

この記事は会員限定です

経済安保の新組織設置 法整備の準備加速へ

[有料会員限定]

政府は経済安全保障に関する政策立案を担う新組織を内閣官房に設ける。重要技術の流出防止や半導体などの戦略物資の安定供給を強化する法整備の準備にあたる。2022年1月召集の通常国会へ関連法案の提出をめざす。

これまで内閣官房は国家安全保障局(NSS)の「経済班」が経済安保の政策づくりを担当してき...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り144文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン