/

この記事は会員限定です

福島第1、溶融燃料取り出しへ一歩 装置が10日にも到着

(更新) [有料会員限定]

東京電力福島第1原子力発電所事故を巡り、核燃料が溶けて固まった溶融燃料(デブリ)の取り出しに使うロボットアームが10日にも、日本に到着する。2022年に着手するデブリの取り出しは廃炉作業で最難関の工程だ。国と東電は事故から30~40年後の廃炉完了を掲げるが、技術の確立や費用、取り出し後の置き場所など課題は多い。

装置は原子力施設で使うロボットのノウハウを持つ英ヴェオリア・ニュークリア・ソリューショ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1011文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン