/

この記事は会員限定です

国際課税ルール、危機が促す大転換 100年前との相似

デジタル政策エディター 八十島綾平

[有料会員限定]

税制の大転換は、戦争や技術革新など経済構造の変化とセットで起こる。

新型コロナウイルス禍から抜け出しつつあるなか、世界の約140カ国・地域が、デジタル課税と法人税の最低税率のルール交渉をしている。世界は新型コロナとの闘いに巨額の財政を出動させ、経済のデジタル化に直面している。議論している国際課税ルールの原型はおよそ1世紀前、第1次世界大戦後の国際連盟において生まれたものだ。

当時の状況も今に重なる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り985文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

コラム「angle(経済)」は「angle」に統合しました。今後は「Angle」でご覧ください。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン