/

LGBT理解増進で法案 自民特命委、与野党に呼びかけへ

 LGBTの権利を訴えるパレードに参加し、虹色の旗を掲げる人たち=2020年10月、台北(ゲッティ=共同)

自民党の性的指向・性自認に関する特命委員会(稲田朋美委員長)は8日、党本部で会合を開いた。性的少数者(LGBT)への理解増進に向けた議員立法案をまとめた。今国会での成立を目指し、与野党に協力を呼びかける。

法案は「相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会の実現」を基本理念に掲げ、政府に国民の理解を広げるための基本計画の策定を求める。政府や地方自治体に相談体制の整備に努めるよう記す。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン