/

この記事は会員限定です

「トヨタ委員会」の深謀遠慮 経団連側に次期会長待望論

岡部貴典

[有料会員限定]

「3年後の次期経団連会長人事を見越した動きではないか」。経団連が6月に新設した政策委員会を巡って経済界で、こうした観測が飛び交っている。自動車産業の成長戦略を幅広く検討する「モビリティ委員会」の委員長にトヨタ自動車の豊田章男社長が就いたためだ。

経団連には経済財政や社会保障、労働問題など政策分野を議論する委員会が50近くある。政府に対する提言をまとめて財界の目指す政策を実現するうえで、活動の中核...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1037文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ニュースの裏側や隠れた視点、次の展開を読む動きを紹介するコラムです。原則、週初に公開します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン