/

9月の景気動向指数、4カ月ぶり低下 自動車関連悪化で

内閣府が8日発表した9月の景気動向指数(CI、2015年=100)の速報値は、足元の経済動向を示す一致指数が前月比0.7ポイント低い101.1だった。4カ月ぶりのマイナスとなった。中国・上海市の都市封鎖(ロックダウン)が6月に解除されて以降、部品不足の解消で回復が続いており、反動が出た。自動車関連の項目で悪化した。

内閣府は指数をもとに機械的に作成する景気の基調判断を「改善を示している」のまま据え置いた。8カ月連続で同じ判断とした。

一致指数を構成する10項目のうち集計済みの8項目をみると、5項目が下落、3項目が上昇要因となった。自動車部品などで、生産と出荷ともにマイナスに寄与した。卸売業の販売額も低下した。

2~3カ月後の景気を示す先行指数は3.9ポイント低い97.4だった。悪化は2カ月ぶり。円安や原材料価格の高騰で物価上昇が続いており、景気の先行きに下振れリスクとなる可能性がある。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません