/

都内タクシー初乗り500円、加算100円刻み 国交省案

(更新)

国土交通省は8日、内閣府消費者委員会の専門調査会に東京都内のタクシー運賃引き上げを提案した。初乗りの上限額を500円、加算を100円刻みとする。早ければ11月にも改定する。乗務員の賃上げや燃料費高騰への対応を念頭に置く。

実現すれば都内では消費増税時を除いて15年ぶり。1989年以降で最大の14%程度の引き上げになる可能性がある。正式には政府の関係閣僚会議で決める。

14%のうち8%分を賃上げなど乗務員の労働環境改善に使う想定だ。足元の燃料費高騰への対応にも3%分を充てる。キャッシュレス化など乗客の利便性を高める投資にも3%分を振り向ける。

引き上げの対象は東京23区と武蔵野市、三鷹市の事業者。初乗り運賃は1052メートル390~420円から、1096メートル470~500円になる。加算も233~251メートルごとに80円から、255~271メートルごとに100円にする。

例えば東京駅から四ツ谷駅まで3.9キロメートル乗車すると最も高いケースで1600円と、今より140円上がる。東京駅から池袋駅までの10キロメートルでは現在の3540円から460円増え、4000円かかる。

運賃改定は3カ月以内に車両数にして7割を超える事業者が要請した場合に国交省が手続きを始める。今回は2021年12月24日~22年3月23日に90%を超える要請があった。

タクシーの採算は悪化している。国交省が都内の事業者の経営状況を確認したところ、08年から19年までにキャッシュレス化などの費用が81.7%膨らんでいた。乗務員の待遇改善などで人件費も12.0%上がっていた。

20年以降は新型コロナウイルス対策の行動制限で、夜間の利用者が減っている。足元ではロシアのウクライナ侵攻が燃料高に拍車をかけ、経営を圧迫する。

消費者基本法は重要な商品の価格変更を国が認可する際、消費者への影響を考慮するよう定めている。都内のタクシー運賃のほかバス・鉄道、たばこ、電話通話料などの料金も対象だ。必要に応じて政府の「物価問題に関する関係閣僚会議」で協議する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

値上げラッシュ

原材料価格や物流費の高騰を受け、食品・サービスなど幅広い分野で値上げの動きが広がっています。最新の記事をまとめました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン