/

安倍晋三元首相が死去 67歳、演説中に銃で撃たれる

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

安倍晋三元首相が8日死去した。67歳だった。奈良市で参院選の街頭演説中に銃で撃たれた。安倍氏は2006~07年と12~20年の2度にわたり首相を務め、通算の在任日数は3188日で憲政史上最も長かった。

安倍氏は8日午前11時半ごろ、奈良市内の路上で演説をしていたところ、男に背後から銃撃された。右首と左胸を負傷し、病院に運ばれた。現場近くにいた警察官が男を取り押さえ、殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。

搬送先の奈良県立医科大付属病院は8日の記者会見で、午後5時3分に死亡が確認されたと明らかにした。弾丸は体内からは発見されなかった。死因は失血死とみられる。

安倍氏は午後0時20分に搬送され、心肺停止状態だったという。奈良県警によると左肩に1カ所、頸部(けいぶ)に2カ所の銃創があった。県警は同日夜、遺体の司法解剖を始めた。

首相経験者が銃撃され、殺害される事件は戦後例がない。警察庁は事件を受け対策本部を設置。当時の警備に問題がなかったかも検証する。

県警によると男は奈良市大宮町3、無職、山上徹也容疑者(41)。県警は8日、容疑者の自宅などを家宅捜索した。容疑を殺人に切り替え捜査する。

防衛省などによると容疑者は05年までの3年間、任期付き自衛官として海上自衛隊に所属していた。

安倍氏の8日の街頭演説を巡っては奈良県警の警衛警護・危機管理対策参事官をトップとする警護態勢が組まれた。警視庁のSP(セキュリティーポリス)も警戒に当たっていた。

安倍氏は衆院山口4区選出で当選10回。父は晋太郎元外相、父方の祖父は寛元衆院議員、母方の祖父は岸信介元首相という政治家一家に育った。晋太郎氏の急死を受けて1993年に当時の衆院山口1区から初当選した。

2002年の小泉純一郎首相の北朝鮮訪問に官房副長官として同行した。早くから日本人拉致問題に注目し、拉致被害者の帰国の実現に取り組み続けた。

自民党幹事長、官房長官を経て小泉氏の首相退任後の06年9月に当選5回、52歳で首相に就いた。戦後最年少で初の戦後生まれの首相だった。07年7月の参院選で敗れて参院で野党に逆転を許すと、9月に自身の体調不良により辞職した。

自民党の野党転落後に党総裁として臨んだ12年12月の衆院選で政権に復帰し、第2次政権を発足した。

金融緩和、財政出動、成長戦略の3本の矢からなる経済政策「アベノミクス」に力を注いだ。在任中に2度の消費税増税を実現した。

外交・安全保障では日米同盟を重視した。14年に集団的自衛権を行使できるように憲法解釈を変更し、15年の通常国会で安保関連法が成立した。16年に米国のオバマ大統領の広島訪問を実現させ、17年に就任したトランプ大統領と信頼関係を築いた。

14年と17年の衆院選や13、16、19各年の参院選は自民党を率いて連勝し、20年9月に持病の再発を理由に退くまで7年半以上にわたり政権を維持した。第2次政権以降の連続在任日数も2822日と歴代最長になった。

首相退任後は21年11月に党最大派閥でかつて所属した清和政策研究会に戻り、会長に就任した。今回の参院選期間中は自らの派閥の候補らの応援で全国を回っていた。自民党本部によると8日は参院選の応援で奈良県に続いて京都府、埼玉県を訪れる予定だった。

政治家の襲撃としては02年に民主党(当時)の石井紘基衆院議員が自宅前で男に刃物で刺され亡くなる事件が起きた。

1992年に栃木県足利市で自民党副総裁だった金丸信氏が銃で狙われた。90年には自民党の浜田幸一氏が鉄製パイプのような物で頭を殴られた。

Twitterで最新情報を発信
政治・外交 最新情報はこちら

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

2022年7月8日午前11時半ごろ、奈良市の近鉄大和西大寺駅近くの路上で発生した安倍晋三元首相銃撃に関する最新ニュースや速報をまとめました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン