/

まん延防止「都道府県単位で」 官房長官

加藤勝信官房長官は8日午前の記者会見で、新型コロナウイルスの緊急事態宣言に準じた措置をとる「まん延防止等重点措置」の適用方針に言及した。「基本は都道府県単位で見る」と言明した。「県内の特定区域で感染が拡大し、県全域に拡大する恐れがある場合などに適用する」と説いた。

加藤氏は重点措置と比較し、緊急事態宣言は「全国的、かつ急速なまん延」がある場合などに発出すると語った。「例えば関東圏であれば1都3県を全体として対応してきた経緯がある」と述べた。重点措置はより地域を絞って対策を取る方針を示唆した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン