/

この記事は会員限定です

「今世紀中に人口増終わる」多くの研究者認識 阿藤誠氏

人口と世界 専門家に聞く(中)

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

「急激な減少 社会にひずみ」

国立社会保障・人口問題研究所名誉所長の阿藤誠氏

――世界人口の将来をどうみていますか。

「21世紀中に世界の人口増は終わるという認識を多くの研究者が持っている。一般の人々の間では、世界の人口爆発がまだ続いていると考えている人も多いが、女性が教育を受け、労働参加と家族計画が進む中で、多くの国の出生率は人口を維持できる置換水準を下回っていくと考える」

「人類がこれまで経...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1547文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

人口と世界

人類登場から30万年。長く続いてきた人口膨張が、終わりに差しかかっています。人口の増加を前提にした経済や社会のシステムがきしみ始めるなか、新たな成長の道を見つけ出せるのか。「人口と世界」では、人類が直面する課題に迫ります。

速報

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン