/

沖縄復帰50年記念硬貨、純金製15万円 初の全面カラーも

財務省は8日、沖縄の本土復帰50周年を記念した硬貨を発行すると発表した。記念式典が開催される5月15日から約3週間、通信販売する。硬貨として初めて両面が全面カラーの千円硬貨と、純金の1万円硬貨の2種類を売り出す。純銀の千円硬貨は1万1700円の価格で5万枚発行し、1万円硬貨は15万3500円で2万枚販売する。

独立行政法人造幣局(大阪市)から販売する。沖縄の本土復帰を記念する硬貨としては1992年の20周年記念以来2度目となる。千円硬貨は直径40㍉㍍、1万円硬貨は26㍉㍍の大きさで、表面はいずれも首里城正殿の模様にする。1万円硬貨には琉球舞踊の「四つ竹(ゆちだき)」、千円硬貨には沖縄県鳥のノグチゲラと県花のデイゴの柄を施す。

鈴木俊一財務相は閣議後の会見で「50年の節目である今回は、記念貨幣の発行にふさわしい機会」と発言した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン