/

経常黒字、7月は24.5%増 米中向け輸出が堅調

(更新)

財務省が8日発表した7月の国際収支統計(速報)によると、海外とのモノやサービスなどの取引状況を表す経常収支の黒字は1兆9108億円となり、前年同月に比べて24.5%増えた。米国や中国向けの輸出が堅調で、輸出から輸入を差し引いた貿易収支の黒字が拡大した。

経常収支は貿易収支のほか、外国との投資のやりとりを示す第1次所得収支、旅行収支を含むサービス収支などで構成する。

貿易収支の黒字は6223億円で前年同月の1504億円から大幅に増えた。輸出は37.5%増の7兆2203億円。1年前に新型コロナウイルスの感染拡大で急減した反動が出ており、自動車関連を中心に伸びが大きかった。原油価格の上昇で輸入も増えたが、輸出の伸びが上回った。

第1次所得収支の黒字は2兆996億円で前年同月から10.5%増えた。北米やアジアで日本企業の海外子会社が売り上げを回復しており、本社に支払う配当金が増えている。

訪日外国人の消費から日本人の海外旅行での消費を差し引いた旅行収支は223億円の黒字だった。黒字は前年同月から5.4%増えた。7月23日から始まった東京五輪で選手団を含めた訪日客が増えたが、大部分が無観客開催となったため影響は小幅にとどまった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン