/

この記事は会員限定です

日米、離島防衛で共同訓練 中国にらみ進む一体運用

(更新) [有料会員限定]

陸上自衛隊と米海兵隊は7〜8日、離島防衛作戦に関する共同訓練を公開した。敵の艦艇が離島に侵攻した事態を想定し、相互の作戦構想や運用を確かめ合った。活発な軍事活動を展開する中国を意識し抑止力強化をめざす。

米海兵隊は7日、高機動ロケット砲システム「HIMARS(ハイマース)」の航空輸送を自衛隊と初めて訓練した。米軍嘉手納基地(沖縄県)でC130J輸送機に発射機を積み込み、海上自衛隊八戸基地(青森県...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1002文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン