/

この記事は会員限定です

分配前面、改革触れず 給付金・賃上げで衆院選意識

首相所信表明

[有料会員限定]

岸田文雄首相は8日、就任後初の所信表明演説に臨んだ。31日投開票の衆院選を控え、子育て世帯などへの給付金支援や賃上げ企業の税制優遇を唱えた。分配重視の姿勢を示す一方、成長を阻む規制の撤廃などの「改革」に言及しなかった。「成長と分配の好循環」の道筋は見えない。

所信表明演説は首相指名選挙後などに首相が衆参両院の本会議で政権の政策運営や全体像を説明するものだ。

首相の演説で「改革」の言葉は一度も出てこ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1202文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン