/

この記事は会員限定です

日本、対中姿勢への影響注視 ジョンソン英首相辞任表明

[有料会員限定]

日本政府はジョンソン英首相の辞任表明を受け、中国やロシアなどへの主要7カ国(G7)の結束の影響を注視する。英国は対中国を念頭にインド太平洋地域に関与を強めてきた経緯がある。2021年には空母打撃群を同地域に派遣した。

岸田文雄、ジョンソン両首相はともに外相時代から個人的な信頼関係を積み上げてきた。首相周辺は「ウクライナ問題や環太平洋経済連携協定(TPP)への英国の加盟問題をめぐっても連携してきた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り259文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン