/

この記事は会員限定です

最低税率やデジタル課税 G20「21年半ばの合意目指す」

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

20カ国・地域(G20)は7日、財務相・中央銀行総裁会議を開き、米IT(情報技術)企業などへの課税を見直すデジタル課税や法人税の引き下げ競争を防ぐための最低税率について「2021年半ばという期限までの合意を目指す」とした共同声明を採択した。

デジタル課税や最低税率の合意は困難とみられていたが、水面下では対象となる企業の範囲や税率について交渉が大詰めを迎えている。オンラインで参加した麻生太郎財務相は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り556文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン