/

この記事は会員限定です

岸田政権100日、3つの柔軟対応 脱炭素は首相主導に

対コロナは再拡大で引き締め 外交はオンライン活用

[有料会員限定]

岸田文雄首相は11日、就任から100日目を迎えた。経済政策はこれまで手つかずだった脱炭素に首相主導で取り組む方針を新たに打ち出した。新型コロナウイルス対策と外交でも状況の変化に即して軌道修正を進める。柔軟な対応には長期政権に布石を打つ狙いがある。

首相は11日、コロナ対応、日本経済再生、外交・安全保障の3つを挙げ「目まぐるしく変わる情勢に機動的に対応しながらスピード感を持って決断を下し、対応した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1324文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン