/

岸田氏、森友再調査を否定 「考えていない」

自民党総裁選への立候補を表明している岸田文雄前政調会長は7日、森友学園問題を巡る財務省の決裁文書改ざんについて「再調査は考えていない」と必要性を否定した。国会内で記者団に語った。

2日夜のBS-TBS番組では「調査が十分かどうかは国民が判断する話だ。国民は足りないと言っているわけだから、さらなる説明をしないといけない。国民が納得するまで努力することが大事だ」と述べ、十分な説明が必要との認識を示していた。

7日の記者団への説明では、森友問題について「既に行政において調査が行われ、報告書も出されている」と指摘。その上で「裁判が行われており、さまざまな証拠が提出された上で判決が出される。それを踏まえて必要であれば説明する」と述べた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン