新型コロナワクチン、次の接種は23年秋冬に 厚労省検討 - 日本経済新聞
/

この記事は会員限定です

新型コロナワクチン、次の接種は23年秋冬に 厚労省検討

[有料会員限定]

厚生労働省は新型コロナウイルスワクチンの次の接種を遅くとも今年の秋冬に進める方向で検討に入った。重症化予防を重視し、リスクの高い高齢者らにはより早期に実施する可能性も念頭に置く。変異ウイルスの流行状況や海外の動向をふまえ、最終判断する。

8日に開く厚生科学審議会(厚労相の諮問機関)の部会で議論する。次の接種で使用するワクチンは今後、検討する。海外当局の判断やデータが接種時期を決める根...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り190文字

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません