/

この記事は会員限定です

広がる改憲論議 自民、緊急事態条項に「感染症」追加案

国民投票法改正案が衆院通過

(更新) [有料会員限定]

国民投票法改正案が11日、衆院を通過した。今国会での成立は確実な情勢で、憲法改正論議の前進が視野に入ってきた。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、自民党内で緊急時の対応を定める条項に感染症対策を加える案が浮かぶ。9条改正の是非が中心だった議論に広がりが出てきた。

改正案は11日の衆院本会議で自民、公明両党や立憲民主党、日本維新の会、国民民主党などの賛成多数で可決し、参院に送付した。国民投票法は改憲...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1210文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン