/

2プラス2の共同文書要旨

日米外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)の共同文書の要旨は次の通り。

【同盟強化】

自由で開かれたインド太平洋地域へのコミットメント(関与、決意)を再確認。同盟を絶えず現代化し、共同の能力を強化する決意を表明した。

【尖閣防衛】

地域の平和と安定を損なう東シナ海での中国の活動を懸念。米国は、沖縄県・尖閣諸島の現状変更を試みる、あるいは日本の施政を損なおうとするいかなる一方的な行動にも反対し、日本と固く結束していると表明。

日米安全保障条約第5条が尖閣諸島に適用されることを再確認した。

【敵基地攻撃能力と安保戦略】

困難を増す地域の安保環境に対応。日米は、今後作成されるそれぞれの安保戦略に関する主要な文書を通じ、同盟としてのビジョンや優先事項の整合性を確保する。

日本は、ミサイルの脅威に対抗するための能力を含め、国家の防衛に必要なあらゆる選択肢を検討する決意を表明。

日米は、同盟の役割・任務・能力の進化や緊急事態に関する共同計画作業についての確固とした進展を歓迎した。

【中国】

ルールに基づく秩序を損なう中国による現在進行中の取り組みは、地域や世界に対する政治的、経済的、軍事的、技術的な課題を提起すると懸念。地域における安定を損なう行動を抑止し、必要であれば対処するために協力することを決意。

中国新疆ウイグル自治区や香港の人権問題について深刻な懸念を表明。台湾海峡の平和と安定の重要性を強調し、両岸問題の平和的解決を促す。

【極超音速ミサイル】

地域の戦略バランスを悪化させる急速かつ不透明な軍事力の増強に直面する中、核兵器、弾道・巡航ミサイルや極超音速兵器を含む先進兵器システムの大規模な開発や配備について懸念を共有。

極超音速技術に対抗するための将来の協力に焦点を当てた共同分析を実施することで一致。新興技術に関する協力を前進、加速化させる。

陸海空、ミサイル防衛、宇宙、サイバー、電磁波領域などを統合した領域横断的な能力の強化が死活的に重要。あらゆる種類のサイバー脅威への共同対処が同盟にとって必須。宇宙における深刻な脅威に共同対処。

【北朝鮮】

北朝鮮に対し、国連安全保障理事会決議の義務に従うことを求め、北朝鮮の核・ミサイル開発の進展への強い懸念を表明。日本人拉致問題の即時解決の必要性を確認。

【在日米軍と自衛隊】

米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)の継続的な使用を回避するための唯一の解決策である名護市辺野古移設へのコミットメントを強調。

日本の南西諸島を含めた地域における自衛隊の態勢強化の取り組みを含め、日米の施設の共同使用を増加させる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン