/

車検・パスポート発給、カード払い可能に 法案閣議決定

政府は8日、車検やパスポート発給にかかる行政手数料をキャッシュレスで納付できる法案を閣議決定した。いまは車検は現金、パスポート発給は収入印紙や証紙で手数料を払う規定だが、クレジットカードで決済できるようにする。

国や地方自治体の判断で電子マネー、コンビニ決済なども使えるようになる。車検登録料は2022年度中、パスポート発給手数料は22年度以降にキャッシュレス化をめざす。登記の手数料は24年度、交通反則金は24年度末以降となる。

政府は行政のデジタル化を推進している。他の手数料も順次、対象にする方針だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン