/

この記事は会員限定です

経常黒字6割減 22年度上期、エネルギー転換遅れ映す

[有料会員限定]

日本の経常黒字が急速に縮小している。財務省が9日発表した2022年度上期(4~9月)の経常収支は4兆8458億円の黒字で、前年同期から58.6%減った。東日本大震災後に強まった化石燃料への依存から抜け出せず、円安と資源高に伴う巨額の貿易赤字が膨らんでいる。経常赤字への転落を避けるには、エネルギー構造の転換が急務となる。

経常収支は日本と海外とのお金のやり取りを示す。4~9月の経常黒字は2兆816...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り928文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません