/

緊急事態宣言延長「負担かけ深くおわび」 首相会見要旨

記者会見する菅首相(7日、首相官邸)

菅義偉首相の記者会見の要旨は次の通り。

【冒頭】

感染力が強いとされる変異ウイルスは拡大を続けている。このため緊急事態宣言を延長した。ウイルスに対する強い警戒を維持し、改めて対策が必要と判断した。今回の延長で引き続き負担をかける皆様に深くおわびを申し上げる。

大型連休という一つの山を越えた今後は、通常の時期に合わせた高い効果の見込まれる措置を徹底する。飲食店での酒やカラオケの提供の停止を続けるとともに、酒の持ち込みを制限することを対策に加える。

デパートなどの大規模施設は午後8時まで、スポーツや音楽などのイベントは午後9時まで時間短縮をお願いする。まん延防止等重点措置の地域では、飲食店の時間短縮や見回り、高齢者施設の検査などの集中的な対策で感染を抑え込む。

安心した日常を取り戻すことができるかどうか、それはいかに多くの人にワクチン接種ができるかどうかにかかっていると言っても過言ではない。先頭に立って、ワクチン接種の加速化を実行に移す。

1日100万回の接種を目標とし、7月末を念頭に希望する全ての高齢者に2回の接種を終わらせるよう政府としてあらゆる手段を尽くし、自治体をサポートする。そのために必要なのは確実なワクチンの供給とスタッフの確保だ。

すでに全国の市町村に6月末までの供給量を示しており、月初めまでに約4000万回分を届ける。医師、看護師などの確保も個別の市町村の状況に応じてしっかりと対応する。

米ファイザー社と協議した結果、新たに9月末までに5000万回分のワクチンが追加されることとなった。さらに来年分として、米モデルナ社や米バイオ製薬ノババックス社と合計2億回分の供給を受けることを前提に協議を進めている。6月中をめどに、高齢者接種の見通しがついた市町村から、基礎疾患がある人を含めて広く一般の人にも接種を開始したい。

ファイザー社との協議では東京五輪・パラリンピックに参加する各国の選手団にワクチンを無償で供与したいという申し出があった。国際オリンピック委員会(IOC)と協議の結果、各国選手への供与が実現し、安全安心な大会に大きく貢献することになる。

感染の急拡大の要因とされる変異ウイルスについて、国内の監視体制を強化し新たな変異ウイルスに常に警戒していく。インドで感染者が急速に増大し、新たな変異ウイルスも確認されている。当分の間、インド、パキスタン、ネパールからの入国者に3回の検査と入国後6日間のホテルでの待機を求め水際対策を強化する。

深刻な影響を受けている事業者、個人への支援は引き続きしっかりしていく。資金繰りの支援、雇用調整助成金による人件費の支援、事業規模に応じた飲食店への協力金、緊急小口資金などによるくらしの支援をしていく。大規模施設などには事業規模に応じた協力金で支援をしていく。

緊急事態宣言の延長かと失望する人も多いと思うが、必ず近い将来この局面を乗り越えていく。国民の皆様のご理解と協力をお願いする。

【質疑】

――短期集中の緊急事態宣言は効果があったのか。

人流の減少という所期の目的は達成できた。

――緊急事態宣言の解除基準は。

ステージ4を脱却することが目安となるが、具体的には専門家や自治体の意見を聞きながら総合的に判断したい。

――東京五輪は開催できるのか。

対策を徹底することで国民の命や健康を守り、安全安心の大会を実現することは可能だ。

――東京五輪に出場する日本選手にはワクチンを打つのか。

世界の選手の中の一部として日本の選手団にも接種したい。そういう方向になるだろう。

――ワクチンの一般国民向け接種を終える目標は。

速やかにまずは高齢者を終え、そして国民に広く接種をしていきたい。

――1日100万回のワクチン接種の根拠は。

インフルエンザのワクチン接種は平均60万回くらいできている。体制としては今回の方がはるかに広くとっているので可能だ。接種を始めて本格的になって慣れてくると十分可能だと思っている。

――7月末までに、どれくらいの自治体が高齢者向けのワクチン接種を終えられるか。

1700を超える市町村の中で、約1000は終えられると報告を受けている。7月末という目標を掲げてから時間がたっていないので、いま自治体に聞き取り調査をしている。6月末には1億回分のワクチンが供給できる。体制さえ組めば、全て7月末までには終えられると思っている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン